top of page
  • 執筆者の写真結 村井

ターゲットリスト作成時間が1/3に削減。メール開封率も向上。


株式会社未来


今回は、化粧品の製造・販売業を行う株式会社未来の下間さま(感動支援グループ部長・当時)にEC intelligence導入時のインタビューを行いました。



株式会社未来 下間さま


「当時の課題」

・既存顧客のケアをして、リピート売上を増やしたい。CRMに関する業務を効率化したい。


「導入の背景」

メール開封率が低下していたため、CRMツールの見直しを検討。


「導入後の効果1」

メール開封率が3〜4ポイント上昇。


「導入後の効果2」

ターゲットリスト作成時間が1/3に減少。



【導入の背景】

・メール開封率が徐々に低下していた

下間さま:2020年で創業12年目となります。数十万人を超えるお客さまとのコミュニケーション手段として「メール」を重要視していますが、当時利用していたCRMツールでメール開封率が徐々に低下していく、という現象が起こっていました。通信販売という業態の性質上、メールは非常に重要なコミュニケーション手段です。ターゲットや内容は同じなのに、開封率が低下していくことに大きな危機感を覚え、CRMツールのリプレイスを検討したのがきっかけです。


【導入の効果】

メール配信業務が楽になり、開封率も3~4ポイント改善

下間さま:それまでは、基幹システムからダウンロードしたデータを、エクセルを駆使してターゲットリストを作成していました。ツールを変更してからは、「直近3ヶ月以内に商品Aは買ったが、商品Bを買ったことがないお客さま」といった複雑なターゲットリスト作成も、管理画面で簡単に行えるため、メール配信業務が効率化されました。





ターゲット抽出 画面


【今後期待すること】

・お客様の深堀り分析や、LINEセグメント配信も行っていきたい

下間さま:お客さまと、よりパーソナルなコミュニケーションをとれるように、分析機能を活用していきたいです。また、メール以外のコミュニケーション手段として、LINEでの配信にも取り組んでいきたいです。



*下記メディアさまにも取り上げていただきました。




閲覧数:8回
bottom of page