top of page
  • 執筆者の写真結 村井

興味度合いが高い人に絞ってバナーを訴求。表示回数に対し4%以上のコンバージョン率!


今回は、出版業を営むB社さまにEC Intelligence導入時のインタビューを行いました。




「課題点」

・コストを抑えながら、サイトのコンバージョン率を改善したい。


「導入の背景」

特集ページを頻繁に公開するのだが、トップページのバナーだけでは効果的な誘導ができていなかった。そのため、サイト内で効果的な誘導ができるソリューションを探していた。


「導入の効果1」

特集ページへのアクセスが増加。コンバージョンも発生


「導入の効果2」

スピーディーにバナーの公開ができるようになった。




【導入の背景】

・特集ページへの誘導を手軽に強化したかった

B社ではECサイトで、木造模型やプラモデル、手芸キットなどのホビー商品を販売されています。ホビー商品はお客様の好みが購買に大きく影響するため、特集ページなどを通じて、新商品や企画商品をお客様に知っていただくことが重要です。 ですが、さまざまなカテゴリの商品があるため、サイト上でお客様に効果的な案内・誘導をすることが課題でした。

一方で、Webデザインやサイトの改修作業は外部のパートナー業者に委託していたため、バナーデザインや文言の変更に時間がかかっていました。特集ページは公開期間が決まっているため、バナーデザインや文言も短期間で改善をして、効果を高めていく必要があると感じておられました。そこで、サイト上で効果的な案内・誘導ができる、Web接客ツールの導入を検討されていました。



【導入の効果】

・特集ページへの効果的な誘導で、コンバージョン貢献

B社のECサイトでは、特集ページを頻繁に公開するため、訴求したいことが多くなります。

従来はトップページにバナーを掲出するだけでしたが、EC Intelligenceを導入してからは、特集に関連する商品を閲覧した人にバナーを表示するといった、より効果の高い訴求をできるようになりました。結果、特集ページへのアクセス数が増え、コンバージョンにも貢献することができました。



【今後期待すること】

・複数の機能を統合した施策をやっていきたい

現状はWeb接客機能だけのご利用ですが、ゆくゆくはEC Intelligenceが提供する機能をフル活用して、統合的な施策に取り組んでみたい、とご期待いただいております。サイト内検索、レコメンド、メールなどの機能を統合した場合のコスト削減にもご期待いただいております。



閲覧数:5回
bottom of page